MENU

旦那がはげてきた!薄毛の間にクリニックで治療

若はげになる原因について

若はげとは、加齢とは関係なく始まるはげのことで、早い人では、10代から始まることもあります。若はげの原因には、遺伝や頭皮への負担、血行不良、病気、栄養不足などがあります。女性の場合は、出産によりホルモンバランスが乱れ髪が薄くなってしまうことがあります。はげには、遺伝が関係していると言われていますが、はげが遺伝するのではなく、はげやすい体質が遺伝すると言われています。また、親子は食べ物の好みや生活習慣が似ることも影響していると考えられています。原因は、日常生活の中にもあるため、生活習慣を見直すことで、進行を遅らせることが可能です。
頭皮に負担や刺激を与える習慣には、シャンプーによる刺激や誤った髪の手入れ、紫外線、ヘアースタイルなどがあります。頭皮にあわないシャンプーを使うことで、頭皮に刺激を感じる場合、髪の洗い方や乾かし方などの日常的な手入れにより健康な髪が生えるのを妨げていることがあります。また、整髪料やパーマ、ヘアカラーなどは、頭皮に負担をかけることがあり、若はげの原因になることがあります。整髪料を使う際には、毛穴の詰まりを引き起こさないようにシャンプーでしっかりと洗い流すようにしたり、パーマやヘアカラーなどは頻度を減らしたりするようにします。

AGAの治療は病院に行きましょう

薄毛や抜け毛が気になっても、体質のせいだと諦める必要はありません。男性型脱毛症の略であるAGAは、頭頂部や生え際などの薄毛が主な症状で、原因を知ることで治療が可能になりました。抜け毛は気になるけど、病院に行くのは恥ずかしいと感じて、なかなか受診できない人もいます。
しかし、AGAは進行性であるために、悩んでいる間にも症状は進んでしまいます。できるだけ早く治療を受けることで、症状を食い止めることができます。病院はどこに行ってもいいというわけではなく、AGAを専門に扱っているところを探しましょう。専門性の高い治療を受けることで、より効果を実感することができます。
AGAの治療に対しては健康保険が使えないので、費用は病院によって変わります。初診料、検査料に加えて、薬の処方量などで毎月1万円〜2万円程度の費用がかかります。医師は毛の状態だけでなく、頭皮の状態を見てどのような治療をすれば一番効果が得られるかを考えてくれます。ミノキシジルやプロペシアといった効果的な薬も多くありますが、抜け毛の状態によって合う合わないという問題が出てきます。自分に合った治療を受けることで、最適な効果を出すことができます。